HOME > センター紹介 > センター長あいさつ

センター長あいさつ

センター長あいさつ

徳島大学病院卒後臨床研修センターのホームページを訪問頂きありがとうございます。

当センターでは、研修医の皆様が初期臨床研修を安心して開始し、大学病院という恵まれた環境を利用し、ひとり一人にあった研修とその後のキャリア形成への支援のために、スタッフが一丸となり、心の交流のある活動をしています。研修医の皆様との双方向の意見交換を行い、皆様が元気に実りある研修を受けて頂けるように、常に気配りときめ細かなケアを施すことを、当センターは最も大切に考えています。このために、メンター制度を導入し、各研修医の皆様に教官を割り当て、心身の悩みや研修に関する様々な相談にのるようにしております。当院の研修医にとっては、研修センターは我が家のような存在であり、研修医はお互いに切磋琢磨し向上心を持って有意義で楽しい研修生活を送っております。このことは、研修を通じて同期だけでなく先輩と後輩が広く繋がり、研修仲間の輪が広がっていることからもわかります。

当院の初期研修プログラムは、研修医の希望を聞きながら毎年進化を続けており、大変柔軟性に富んだプログラムとなっています。徳島大学病院と県内、四国内のみならず全国にある研修病院とが連携し、基本的診療能力がしっかりと習得できるよう各病院の強みを活かした研修システムが提供されています。研修医は大学病院や地域の協力病院の研修内容・時期を自由に選択し、研修医ひとり一人の実際の要望に対応した研修プログラムを柔軟に組むことができます。例えば研修2年目は将来の進路と連続性を持たせるなど、研修医の先生方がステップアップし、将来最もご活躍できる希望の進路につなげて頂けるように工夫されています。

研修期間中には、各診療科の優れた指導医のご協力のもと、研修医に対する実技指導や教育講座が積極的に行なわれております。実技実習では、スキルスラボのシミュレーターを用いて縫合実習、腰椎穿刺、気管支鏡、心エコー、腹部エコー、上部消化管内視鏡などの是非とも身につけておきたい実技の講習を行っています。講義では、関連ある複数の診療科が合同で、「当直スキルアップセミナー」を毎月企画し、実臨床にすぐ役立つ知識を身につけていただけるように工夫しています。また、学会での症例報告なども推奨し、各診療科と連携しながらセンターがサポートして、学会賞受賞や論文として大きな成果をあげています。

しかし、様々な医療現場で適切な対応できる医師になるためには、研修を通した基本的診療能力の習得とともに、コミュニケーション能力、そして責任感・バランス感覚が大事です。チーム医療を学ぶことも大事です。これらは、医療人として最も基本的で大切なものです。そしてなにより大切なものは、他人を思いやる心ではないかと思います。思いやりのあるやさしい医師に育って欲しい。そして多くの仲間を作って欲しいというのが率直な気持ちです。当センターでの研修、そしてその研修を通じて出会った多くの方々とのつながりが、皆様の医師としてのこれからの長い人生においてすばらしい財産になると思います。

どこの施設にもひけをとらないような研修システム作りに、各診療科の第一線で活躍する指導医の先生方と協力して取り組み、研修医の皆様を全力でご支援したいと思います。笑顔の絶えないセンターでお待ちしています。

ページTOPへ