HOME > センター紹介 > センター長あいさつ

センター長あいさつ

センター長あいさつ

 当院の卒後研修センターでは、研修医の先生方が将来最もご活躍できる希望の進路につながるよう、ひとり一人の実際の要望に対応した、柔軟性に富んだ研修プログラムを提供しています。研修医が大学病院や協力病院の研修内容・時期を自由に選択し、研修プログラムを柔軟に組むことができます。研修医の先生方のさらなる要望に答えるために、徳島県内外の各研修協力病院の強みと特徴を活かした、より進化した連携研修プログラムの構築を毎年進めています。医師育成という目標を共有し、大学病院と地域の病院が協力し一体となり、それぞれの立場からより実践的な研修支援プログラムを提供するというものであります。研修医の先生方は、異なる特徴を持つ研修病院を複数体験することにより、様々な医療現場での実践経験を多く積み、偏りのない研修ができるとともに、研修医と各研修病院の医師とのつながりが強化できる魅力的な研修プログラムになっています。

 このような考えを進化させた研修プログラムとして、平成30年度から「総合メディカルゾーン (MZ)重点研修プログラム」(定員3名)を開始しました。このプログラムでは、徳島県立中央病院と大学病院を跨いだ診療科ごとの双方向の連携による一体化研修により、両病院が役割分担し実施している診療現場に研修医が広く参加し、研修医が多様な症例を経験し、幅広い視野と診療能力を体得することを目指しています。また、「メディカルゾーンセミナー」を徳島県立中央病院と合同で昨年度より開催し、研修医、学生のみならず県内の医療機関から異なる職域の方々に多数参加頂きました。今後さらに多くの医療機関と連携した、学生と研修医のためのセミナーに発展させたいと考えております。

 多くの研修医が集い、切磋琢磨しながら、楽しく充実した研修が行えるよう、各診療科の第一線で活躍する指導医の先生方と協力し、当センターは全力で皆様のご支援を致します。

ページTOPへ