HOME > センター紹介 > 病院長のあいさつ

病院長のあいさつ

病院長あいさつ

 徳島大学病院の卒後研修プログラムは、優れた医療人を育成するために極め細やかに作成されています。今年度から新しく総合メディカルゾーン枠が設置されました。これは大学病院と隣接する県立中央病院との間を密に往来し、両者の優れた点を効率的に研修できる点で極めて魅力的なプログラムです。初期研修において大事なことは、優れたプログラムと指導陣の選択もさることながら、自分で考え計画し実行と反省を繰り返しながらstep by stepに実力をつけていく心構えです。医療に携わる職業人として、しっかりとした医の心と知識、技術を身に着けていただきたいと思います。

 研修現場では、あらゆることが勉強です。患者さんやご家族、そして医療を支える看護師や医療支援のスタッフから多くの事を学びましょう。自分を伸ばし、他者に貢献することで、質の高いチーム医療を実践することができます。質の高い医療を通して、患者さんを救い癒すことが、医療人にとっては大きな喜びなのです。医療、医学は絶えず進歩しています。医師には一生学び続ける覚悟と自分はいまだ未熟だという謙虚さが必要と思います。

 研修は楽しいことばかりではなく、苦しいことやつらいことも多々あるでしょう。悲しみや悩みは自分だけで抱えることなく、どうか指導医や同僚、周囲のスタッフに相談してください。徳島大学病院の卒後臨床研修センターには有能で優しいスタッフが配置されていますので、遠慮なくご相談ください。

 今後も徳島大学病院卒後臨床研修プログラムは進化を続けます。研修に携わる皆さま方とともに、徳島の医療そして日本・世界の医療に貢献していきましょう。

ページTOPへ