HOME > プログラム > パターン3 産婦人科研修プログラム

パターン3 産婦人科研修プログラム

パターン3 産婦人科研修プログラム(定員2名)プログラム責任者 吉田加奈子

産婦人科専門医を目指す研修医を対象に、必要と思われる研修が有効的、かつ効率的に行えるプログラムです。1年目は大学病院や協力病院での研修で、主に産婦人科医として最低身につけておきたい他科の知識や手技の習得を行い、2年目は産婦人科に特化し、産婦人科医療の基本的な事柄をバランスよく研修します。

また、希望により産婦人科と関連の深い診療科の研修を組み込むことも可能です。選択研修では、産婦人科における各分野の指導医のもとで、専門的なレベルを含めた研修を行うことも可能です。


クリックで拡大表示

選択研修
産婦人科やNICU等で研修を行います。
大学病院の他に下記の産婦人科協力病院で研修ができます。

協力病院

徳島県立中央病院(徳島)
徳島市民病院(徳島)
徳島赤十字病院(徳島)
徳島県鳴門病院(徳島)
阿南医療センター(徳島)
吉野川医療センター(徳島)
つるぎ町立半田病院(徳島)
徳島県立三好病院(徳島)

(国立)四国こどもとおとなの医療センター(香川)
高松市立みんなの病院(香川)
(国立)高知病院(高知)
高知赤十字病院(高知)
四国中央病院(愛媛)
札幌東豊病院(北海道) 等

  • その他の協力病院・施設については、
    パターン1を参照してください。

ページTOPへ